関まさゆき
関まさゆき
夢は大きな原動力!
多種多様の個性は無限の可能性!
『出来ないのではなく、何が出来るか!』
『為せば成る、為さねば成らぬ何事も。成らぬは人の為さぬなりけり。』
千葉県をもっと住みよい街へ
自分だったらどうする?
5年後の私たちの街、どうなってる?
考える、そして実行する。みんなも、私も。
そんな地域政治を一緒につくっていきませんか?
政策提言
~20年先を視野に、
施策の「継続」と「刷新」に尽力します~
「大前提」としての徹底した「公正・公平な社会」
政策提言
  • 1
    強靭な県土と危機管理の徹底で
    命を最優先に守る千葉へ
  • 2
    一人ひとりのスタイルで、
    誰もが安心して楽しく暮らせる千葉へ
  • 3
    子どもたちがいつも笑顔で
    健やかに成長できる千葉へ
  • 4
    潜在能力を引き出す産業環境と
    地域活性化で豊かな千葉へ
政策提言詳細はこちら

議会質問では、民間感覚も踏まえた、将来の県民福祉向上に繋げる積極的提言も果敢に行います。

監査委員を拝命し、県内各地で監査を行っています(調整池の視察)。

新型コロナウイルス感染症第1波のオーバーシュートが懸念された際は、医療提供体制の課題と対応に関する提言を、森田知事に直接御説明しました。

 →その後、臨時議会で臨時医療施設開設の迅速・円滑化条例などを議員発議により制定。

県がんセンター新棟に導入された最新鋭の電磁温熱治療器です(県内唯一)。決定打となった請願の紹介議員・議会決議の策定責任者を務めました。

※このイラストは、就労継続支援B型事業所で働く障害者の方に作製していただきました。

AED条例を法務専門誌で解説!

 

「自治体法務研究№492017年夏号)」の「CLOSE UP」※都道府県議会議員としては、全国初の解説者を務めました。

令和元年房総半島台風を受けて、「将来の災害に備えた取組みに関する申入書」を知事に提出しました(89の取組み)。

 →その後、議会決議と9月補正予算により、民地におけるがけ崩れへの県支援制度の新設(取組み№68)。

 

任期を超えて課題を引き継ぐため、「女児虐待死事件の徹底した真相究明と再発防止宣言」を策定し、本会議で説明(2019年2月議会)。

 → 改選後の9月議会では、条例改正と附帯決議の制定を実行。

心肺蘇生法&AED推進のためにPTで茨城県を視察!

いじめ対策条例の制定チームで大津市を視察! 都道府県では全国初となる条例の制定に尽力しました。

いじめ対策条例の提案理由説明!
新聞各紙.pdf
PDFファイル 6.1 MB

全国の都道府県議会議員の研修会において、千葉県議会での政策条例の取組みを発表しました。

がん対策条例制定チームで県がんセンターを視察!他にも、放医研、国がん、広島、大阪、鳥取などの先進地を調査!!

空飛ぶICUを視察!総務防災委員会の委員長を務めました。

定期に実施する青年局の街頭演説でも県政での活動をご報告!

元旦マラソン大会にランナーとしても参加!
元旦マラソン大会にランナーとしても参加!

監査委員の活動

監査委員の任務で、先々週から、県内の展示場施設、病院や福祉施設、学校、港湾や農業事務所などに赴き現地監査を行ってきました。
守秘義務の関係で詳述は控えますが、施設等の利用状況や収支状況、原価計算システムの活用、また、状況に応じて、不祥事への対応や内部通報制度の体制状況についても確認・調査しました。
多くの箇所で共通しているものとして、未収金(支払われていない料金・手数料など)、不法占有や不法係留(船)の問題があり、監査で毎年の指摘と、解消に向けた努力が続いています。
発生自体を予防するための仕組みの構築や公平・公正の観点から逃げ得を絶対許さないという意味で法的追及を徹底して見せしめにすべきケース(例えば、不法係留の問題で試験的訴訟を行って突破口を探る)など、一議員として、議会側から提案できそうなことも発見できました。
なお、職員による犯罪行為で県や第三者への被害が発生した事案については、私は監査に関連するものとして、起訴・判決があった一部事件(刑事の観点から絞られている)だけでなく、表に出ていない不祥事全体像の把握や、責任の明確化と公正な賠償責任を分析すべく、検察庁に赴いて(弁護士としてではありません)、刑事確定記録の調査などを行い、自ら仕事量を増やしています。徹底しないと納得出来ない自らの質のせいです。
監査委員の任期は、昨年6月から本年6月まで(慣例)です。その満了後には、守秘義務に反しない形で、議員側(議会側)からの質問や提案に必ず活かしてまいります。
Copyright © MASAYUKI SEKI All Rights Reserved.
自民党
TOP