関まさゆき
関まさゆき
夢は大きな原動力!
多種多様の個性は無限の可能性!
『出来ないのではなく、何が出来るか!』
『為せば成る、為さねば成らぬ何事も。成らぬは人の為さぬなりけり。』
千葉県をもっと住みよい街へ
自分だったらどうする?
5年後の私たちの街、どうなってる?
考える、そして実行する。みんなも、私も。
そんな地域政治を一緒につくっていきませんか?
政策提言
~20年先を視野に、
施策の「継続」と「刷新」に尽力します~
「大前提」としての徹底した「公正・公平な社会」
政策提言
  • 1
    強靭な県土と危機管理の徹底で
    命を最優先に守る千葉へ
  • 2
    一人ひとりのスタイルで、
    誰もが安心して楽しく暮らせる千葉へ
  • 3
    子どもたちがいつも笑顔で
    健やかに成長できる千葉へ
  • 4
    潜在能力を引き出す産業環境と
    地域活性化で豊かな千葉へ
政策提言詳細はこちら

議会質問では、民間感覚も踏まえた、将来の県民福祉向上に繋げる積極的提言も果敢に行います。

監査委員を拝命し、県内各地で監査を行っています(調整池の視察)。

新型コロナウイルス感染症第1波のオーバーシュートが懸念された際は、医療提供体制の課題と対応に関する提言を、森田知事に直接御説明しました。

 →その後、臨時議会で臨時医療施設開設の迅速・円滑化条例などを議員発議により制定。

県がんセンター新棟に導入された最新鋭の電磁温熱治療器です(県内唯一)。決定打となった請願の紹介議員・議会決議の策定責任者を務めました。

※このイラストは、就労継続支援B型事業所で働く障害者の方に作製していただきました。

AED条例を法務専門誌で解説!

 

「自治体法務研究№492017年夏号)」の「CLOSE UP」※都道府県議会議員としては、全国初の解説者を務めました。

令和元年房総半島台風を受けて、「将来の災害に備えた取組みに関する申入書」を知事に提出しました(89の取組み)。

 →その後、議会決議と9月補正予算により、民地におけるがけ崩れへの県支援制度の新設(取組み№68)。

 

任期を超えて課題を引き継ぐため、「女児虐待死事件の徹底した真相究明と再発防止宣言」を策定し、本会議で説明(2019年2月議会)。

 → 改選後の9月議会では、条例改正と附帯決議の制定を実行。

心肺蘇生法&AED推進のためにPTで茨城県を視察!

いじめ対策条例の制定チームで大津市を視察! 都道府県では全国初となる条例の制定に尽力しました。

いじめ対策条例の提案理由説明!
新聞各紙.pdf
PDFファイル 6.1 MB

全国の都道府県議会議員の研修会において、千葉県議会での政策条例の取組みを発表しました。

がん対策条例制定チームで県がんセンターを視察!他にも、放医研、国がん、広島、大阪、鳥取などの先進地を調査!!

空飛ぶICUを視察!総務防災委員会の委員長を務めました。

定期に実施する青年局の街頭演説でも県政での活動をご報告!

元旦マラソン大会にランナーとしても参加!
元旦マラソン大会にランナーとしても参加!

議案第12号 管理者としての責任

夏を前に今年度開設予定の県内海水浴場66箇所の水質調査結果が公表されました。
水質は基準を満たし、放射性セシウムは不検出となっています。

 

千葉市にもいなげの浜がありますが、これに隣接する検見川の浜は、この時期の休日ともなれば、ウインドサーフィンを楽しむ方や海辺を散歩する人々などで賑わっています。
私にとっても学生時代から喜怒哀楽様々な想い出を味わった場所ですが、先日久々に寄った際、関係施設の老朽化が目に入りました。。。


とりわけ、海辺の休憩所の屋根は一部が損壊し、屋根裏の板も一部剥がれ、強風の際に人に当たる危険がありました。
また、遊歩道側溝の金属の蓋も、一部変形し、通行の際につまずき転んでしまう危険もあります。


このことに関連して、ちょうど今議会の議案第12号に「損害賠償事件の和解専決処分の承認を求めるもの」があります。


事案は、夜間のウォーキング中に、歩道の側溝の蓋の段差につまずいて転倒し、後遺症を発症してしまったというものです。
この事案では、側溝の蓋が老朽化によりグラグラになっていたという特殊な事情があったことから、道路管理者である県が責任を認めた特殊事例という説明を執行部から受けましたが、さきほどの遊歩道側溝の金属の蓋の場合においても同様のケースを想定することができると考えます。

 

安心して子どもからお年寄りまでが楽しむことができる海辺を!
管理者としての責務の徹底を果たすよう求めます。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    緑川真也 (木曜日, 29 1月 2015 09:40)

    こんにちは。緑川真也です。高度成長期に作りすぎた施設の管理、維持は大変な問題ですね。千葉市も数を減らし統廃合で管理、維持コストを削減していくそうですが、どこまで自治体が管理責任を負うかも難しいと思います。夜間にウォーキングとありましたが、公園の閉鎖時間中でも責任が発生するのでしょうか?自己責任って言葉もありますね。限りある税金を、無駄なく使っていただくために、そういったルールも必要でしょう。私も自然を相手にするスポーツをしますが、常に自己責任が頭の中にあった上で楽しんでいます。管理、維持の問題は、これからもたくさん発生すると思いますので取り組んでいただいていることに感謝します。引き続き頑張ってください。

Copyright © MASAYUKI SEKI All Rights Reserved.
自民党
TOP